スポンサーリンク

靴?車?時計?億万長者の生活は?となりの億万長者書評要約まとめ。

スポンサーリンク

 

★★★★★

 

  1. となりの億万長者
  2. 知りたいこと
  3. 要約
  4. キーワード
  5. 一言感想
  6. 気づき/まとめ
  7. クエスチョニング
    1. 1.この本の問題意識は何か?それを解決する方法は何か?
    2. 2.この本はどのように始まりどのように終わったか?構造を覚える。
    3. 3.自分はこの本から何を学んだか?
    4. 4.この本のキーポイント、コンセプト、テーマは何か?重要なことは?
    5. 5.この本のチャート、図解、用語集のテクニックから何を学んだか?
    6. 6.この本が他の本と似ている要素、違う要素は何か?
    7. 7.この本を読んでどんな感情、感覚になったか?
    8. 8.この本はなぜ重要なのか?
    9. 9.作者は何を言いたいのか?読者にどう感じて欲しいのか?
    10. 10.この本のタイトルは正しいか?リタイトルするとすれば何か?
    11. 11.専門用語をいくつかピックアップして作者はなんと言ってるか?知らない言葉をまとめてみる。
    12. 12.この本のいちばん良い章、セクションはどこか?それは何故か?本を紹介するときは、タイトルと要約とオススメの章を伝える。
    13. 13.前書きはこの本を理解するのに役に立ったのか?
    14. 14.作者はこの本を面白くするためにどんな工夫をしたのか?
    15. 15.本の出だしをチェックしてどんな工夫をしたのか考える。
    16. 16.作者の主張のどこに賛成出来てその理由は何か?
    17. 17.この本の特徴的な点な部分、変わっている部分は何か?
    18. 18.この本の終わり方はよかったか?
    19. 19.テーマを説明するために出した面白かった例え話は?
    20. 20.最も重要な一文は何か?その理由は?
    21. 21.この本の内容を説明するために、作者が使っているキャッチコピーは何か?どういう言葉を多く使っているか?
    22. 22.この本を振り返って、自分に刺さったたった一つのパワーフレーズは何か?
  8. 知りたいことは書いてあったか
  9. 何をするかTodo/結論
スポンサーリンク

となりの億万長者

著者:トマス・J・スタンリー、ウィリアム・D・ダンゴ

 

スポンサーリンク

知りたいこと

・億万長者はどういう生活をしているのか

・どうすれば億万長者になれるのか

・私にもその生活はできるだろうか

 

スポンサーリンク

要約

・倹約と倹約と倹約

・高級メーカーを支えているのは億万長者ではない人

・熱心に働きリスクを恐れず

・予算を立てて出費をコントロール

・現金のような課税所得(所得税)を抑え含み益・非課税所得を最大化。資産の値上がり分は現金に変えない限り税金は取られない

・資産形成のために、時間・エネルギー・金を効率よく配分

・金持ちと資産家は違う

・投資研究に時間をかけ、投資銘柄を絞る。頻繁に取引をする時間が増えると手数料がたくさんかかる

・親からの経済援助はないほど良いが、学費は別。

・億万長者の大多数が億万長者の家庭には育っていないが、億万長者の子が億万長者になる確率は普通に家庭に比べて高い

・粗末に扱って、新しいものを欲しがらない

・投資相談・経理税制相談・法律相談・医療・教育・業務用の製品・子供のおもちゃ・旅行・住宅援助にはお金を使う

・目新しさのない普通の会社が投資パフォーマンスが常に良い

 

スポンサーリンク

キーワード

・倹約

・投資

 

 

スポンサーリンク

一言感想

・面白い。人生で一回は読むべき名著。

・億万長者は思い描いていたような人たちではないということが、データとインタビューから示されるので、科学的な根拠もある。

・見栄を張りたくなるが、どこまで倹約し投資にまわせるかにかかっているように思う。

・実務的で科学的な本は、実直に働いて倹約し、貯金し、投資に回すと書いてあることが多いので、これは事実だと思う。逆に夢ばかり書いている本は、この本で言うところの資産家ではなくお金持ちになりたい人たちのためにあるのだと思う。

・あと、自営業か独立した方が可能性が上がるのは確かみたいだ

 

スポンサーリンク

気づき/まとめ

・倹約と投資

・どんな銘柄に投資すべきか、どんな仕事をするべきか

 

スポンサーリンク

クエスチョニング

1.この本の問題意識は何か?それを解決する方法は何か?

・問題意識:億万長者とはどういうものか実際は多くの人が思っているものとは違う

・解決する方法:倹約・投資・努力して仕事をして稼ぎよりも低い額で暮らす

 

2.この本はどのように始まりどのように終わったか?構造を覚える。

・始まり:億万長者は実際はどういう人たちかの表現

・中間:具体的な人たちへのインタビューとデータで比較

・終わり:億万長者の人たちの考え方とそうでない人たちの考え方の比較

 

3.自分はこの本から何を学んだか?

・倹約

 

4.この本のキーポイント、コンセプト、テーマは何か?重要なことは?

・倹約

 

5.この本のチャート、図解、用語集のテクニックから何を学んだか?

・データは多いが、少し見にくい感じがある

・もう少しわかりやすいグラフなどにしてくれたらイイのにと思った

 

6.この本が他の本と似ている要素、違う要素は何か?

・似ている:データとインタビューを重視する

・違う:億万長者はお金をたくさん持っている人ではない

7.この本を読んでどんな感情、感覚になったか?

・やはり倹約だと思った

・少し投資をする楽しみも出てきた

 

8.この本はなぜ重要なのか?

・億万長者のイメージを変えた

 

9.作者は何を言いたいのか?読者にどう感じて欲しいのか?

・億万長者は派手な人ではない

・倹約をして地味な生活をしているので、そうすべきだ

 

10.この本のタイトルは正しいか?リタイトルするとすれば何か?

・うまいタイトルだと思う

・億万長者へのインタビュー構成が多いので「億万長者の真実」とかだろうか

 

11.専門用語をいくつかピックアップして作者はなんと言ってるか?知らない言葉をまとめてみる。

・専門用語はあまりなかった

12.この本のいちばん良い章、セクションはどこか?それは何故か?本を紹介するときは、タイトルと要約とオススメの章を伝える。

・第1章の億万長者の紹介と、第2章は重要。それでこの本の全てと言ってもいい

 

13.前書きはこの本を理解するのに役に立ったのか?

・前書きもわかりやすい

 

14.作者はこの本を面白くするためにどんな工夫をしたのか?

・インタビューを多くしている

 

15.本の出だしをチェックしてどんな工夫をしたのか考える。

・データ重視

・インタビュー重視

・現実重視

 

16.作者の主張のどこに賛成出来てその理由は何か?

・倹約

・現実がそうなっているから

 

17.この本の特徴的な点な部分、変わっている部分は何か?

・データと、現実のインタビュー、会話が多い

 

18.この本の終わり方はよかったか?

・悪くはないが、もっといい話もあったのではないかと思う

 

19.テーマを説明するために出した面白かった例え話は?

・比較のインタビュー全般

 

20.最も重要な一文は何か?その理由は?

・倹約、倹約、倹約

 

21.この本の内容を説明するために、作者が使っているキャッチコピーは何か?どういう言葉を多く使っているか?

・倹約

 

22.この本を振り返って、自分に刺さったたった一つのパワーフレーズは何か?

・どんなに少ない稼ぎでも必ずそれよりも低い金額で生活すること

 

 

スポンサーリンク

知りたいことは書いてあったか

・億万長者はどういう生活をしているのか

→倹約をしている。経営者か独立者。

・どうすれば億万長者になれるのか

→倹約する。投資する。

・私にもその生活はできるだろうか

→できる

 

スポンサーリンク

何をするかTodo/結論

・倹約する

・投資研究して投資する。

・自営業になって仕事を楽しく一生懸命努力する

 

コメント