スポンサーリンク

フィリップスコレクション展の感想。名作名作者の共演オススメ見所多し。

スポンサーリンク

 

 

★★★★☆

 

 

スポンサーリンク

概要

名称:フィリップ・スコレクション展

期間:2018年10月17日(水)〜2019年2月11日(月・祝)

時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)

休室日:月曜日(但し、祝日・振替休日の場合、会期最終週とトークフリーデーの10/29、11/26、1/28は開館)年末年始(12/31、1/1)

会場:三菱一号館美術館

公式サイト:https://mimt.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/ichigokan_PR
公式Instagram:https://www.instagram.com/mitsubishi_ichigokan_museum/

 

 

 

スポンサーリンク

チケット

・当日観覧料

一般
1,700 円

高校・大学
1,000 円

小・中学
500円

アフター5女子割
第2水曜日17時以降/当日券一般(女性のみ)1000円
※他の割引との併用不可 ※利用の際は「女子割」での当日券ご購入の旨お申し出下さい。

・各種プレイガイドで購入
webket
セブンチケット
ローソンチケット
チケットぴあ
イープラス

 

 

スポンサーリンク

グッズ

・公式サイトを確認

三菱一号館美術館
JR東京駅徒歩5分。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心。

 

 

スポンサーリンク

音声ガイド

・フィリップス家に仕える“ある執事”がご案内いたします。ご案内役は声優・西山宏太朗さん。

・貸出料金:520円(税込) ※日本語・英語・音声ガイド台本貸出ともに同額料金

・収録時間:約35分 (館長 高橋さんによる解説、フォーレ、ドビュッシーなどのBGMも収録)

三菱一号館美術館
JR東京駅徒歩5分。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心。

 

 

スポンサーリンク

巡回有無/開催地域

・開催地域は三菱一号館美術館のみの模様(大阪関西/名古屋/九州/北海道などでは開催されない模様)

 

 

スポンサーリンク

混雑状況

・小の上ぐらいの混雑

・そんなに混雑していなかった

・どの展示も間近で見られる

・現在の状況は、公式ツイッターを確認

三菱一号館美術館(@ichigokan_PR)さん | Twitter
三菱一号館美術館 (@ichigokan_PR)さんの最新ツイート 三菱一号館美術館の公式アカウントです。展覧会情報、イベント情報などをお届けします。詳細は三菱一号館美術館WEBサイトをご確認ください。尚、本アカウントは原則、当社が運営するアカウント以外の、リツイート、返信等は行いません。当館のSNS運営方針はをご覧く...

 

 

スポンサーリンク

時間的な事

・土曜日、13時ごろ着

・当日チケット購入待ちなし0分

・入場待ちなし0分

・全部をゆっくり見て2時間ぐらい、早ければ1時間でOK

・最後にグッズ購入出来るお土産屋さんがある。待ちなし0分

 

 

スポンサーリンク

キーワード


・フィリップメモリアル

・モネ、ゴッホ、ピカソ

・素晴らしい絵描きさんたちの共演

・会場が綺麗で趣もある

 

 

スポンサーリンク

一言感想

・フィリップスさんのコレクションの展示

・アングル、コロー、ドラクロワ、クールベ、マネ、ドガ、セザンヌ、モネ、ゴーガン、ボナール、クレー、ピカソ、ゴッホ、ブラックなど約75点を展示

・すごく面白かった

・モネさん、ピカソさん、ゴッホさんなどの素敵な絵を一気に見られる

・美術館を作る、というフィリップさんの考え方や行動力等々も参考になった

・三菱一号館美術館自体がすごく綺麗で、雰囲気があって、スタッフさんも多く丁寧で感心

・絵が好きな方は見に行く価値ありのオススメ展覧会

 

 

スポンサーリンク

抽象化/気づき

・名作者の集合体から生まれるもの

・趣のある空間を作る

・財閥の強さ

 

 

スポンサーリンク

何をするかTodo/結論

・モネさん、ゴッホさん、ピカソさんの絵がすごく好きだった

・来日する絵があれば必ず見に行く

・美術館を作るという行為自体にも興味あり、本を一冊買う

・三菱一号館美術館自体もいい空間だったので感謝

 

 

 

 

コメント