スポンサーリンク

ムンク展の感想。「叫び」は一見の価値あり。「叫び」以外も見所あり。

スポンサーリンク

 

 

★★★☆☆

 

 

スポンサーリンク

概要

名称:ムンク展 ー共鳴する魂の叫び

期間:2018年10月27日(土)~ 2019年1月20日(日)

休室日:月曜日 (ただし、11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室)、12月25日(火)、1月15日(火)

年末年始休館:12月31日(月)、1月1日(火・祝)

時間:9:30~17:30 ※金曜日、11月1日(木)、11月3日(土)は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)

会場:東京都美術館

公式Twitter:https://twitter.com/munch2018
公式サイト:https://munch2018.jp/about/

 

 

 

チケット

・当日観覧料()は前売り

一般
1,600 円(1,400 円)

大学生/専門学校生
1,300 円(1,100 円)

高校生*
800 円(600 円)

65歳以上
1,000 円(800 円)

*12月は高校生無料(要証明)
※価格は全て税込

・販売期間
前売券:2018/7/21(土)~10/26(金)
当日券:2018/10/27(土)~2019/1/20(日)

・会場で購入
前売券:東京都美術館ミュージアムショップ
当日券:東京都美術館

・各種プレイガイドで購入
公式オンラインチケット
セブンチケット(セブンコード067‐467)
ローソンチケット(Lコード31676)
チケットぴあ(Pコード769-273)
イープラス
JTBレジャーチケット
CNプレイガイド

 

 

グッズ

・グッズについては公式サイトのご確認を

グッズ | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

 
・コラボグッズ(iPhoneケース/マイクロファイバータオル/ポケモンコラボグッズ等々)について、売り切れの情報や再販の情報など様々なお知らせがあるようです。下記公式サイトをのご確認を

FAQ | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

 

 

巡回有無/開催地域

・「※本展覧会は巡回はございません」との表記が公式ツイッターにあり

・開催地域は東京都美術館のみの模様(大阪関西/名古屋/九州/北海道などでは開催されない模様)

 

 

混雑状況

・会場内は中の上ぐらいの混雑。

・ゆっくり並んでみる感じだが、一列後ろからならいつでも見られる。

・「叫び」は展示契約上暗い部屋での展示のため、並んで間近で見ないと後ろからだと見にくいかも知れない

・現在の状況は、公式ツイッターを確認

from:munch2018 #ムンク展混雑情報 - Twitter検索
from:munch2018 #ムンク展混雑情報に関連する最新のツイートです。みんなのコメントを見て会話に参加してみましょう。

 

 

時間的な事

・土曜日11時ごろ東京美術館に着する

・チケット購入は10分ぐらい待ち

・入場規制で20分待ちだったが、私が会場を後にする、12時30分ぐらいには待ち時間0分になっていた

・全部をゆっくり見て2時間ぐらい、早ければ1時間でOK

・最後にグッズ購入出来るお土産屋さんがあるが、60分待ち。今後も長時間待ちが予想されるので要注意

 

 

キーワード


・「叫び」初来日

・「叫び」以外も「マドンナ」、「接吻」など素敵なものがある

・ムンク一色

・グッズ購入に長蛇の列

・会場内はとても見やすい。会場内に椅子もある

・音声ガイドは声優の福山潤さん。解説は宇賀なつみさん。

・ポケモン、ピカチュウ、BEAMS、湖池屋、LUPICIAとの可愛いコラボグッズあり

グッズ | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

 

 

一言感想

・「叫び」は一見の価値あり

・名作と言われるものの本物の現物を、あんな間近で、直に自分の目で見る機会は中々無いので、この機会にぜひ

・「叫び」以外も「マドンナ」、「接吻」など素敵なものが多く、連作や版画など様々な形態の展示物がある

・ただし、ムンク作品だけなので、それ以外を見たい方には少し退屈かも知れない

・ムンク作品を見たい方にはモッテコイの展覧会

・「叫び」が、また今度、いつ日本に来るのかわからないので、気になっておられる方は見に行くべし

・グッズに可愛いものが多いが、待ち時間が60分と長蛇の列なので、諦めてしまうかも知れない

・グッズに売り切れが発生している様子。心配な方は、公式に確認を。

 

 

抽象化/気づき

・名作展示

・現代エンタメとのコラボ(グッズ)

・お祭り感

 

 

何をするかTodo/結論

・「叫び」から感じるものは確かにあった

・名作は一見の価値あり

・名作を描く人は、他にも幾つか名作を描く

・しかし、すべてがそうでは無い

・名作と呼ばれるものが来日したら必ず見に行く

 

 

 

 

コメント