スポンサーリンク

【ネタバレ注意】映画「恋は雨上がりのように」の感想批評。原作を読まなきゃだ

スポンサーリンク
「恋は雨上がりのように」予告

 

★★★★☆

 

難しい映画だ。

私は、この映画が好きかどうかと聞かれれば、好きだと答えるだろう。

しかし、それは私が主人公の「おじさん」と同年代だから、という疑念が頭から離れない。

 

小松菜奈さん演じる、橘あきら氏の魅力は溢れんばかり。

素敵な役者さんだし、今後の活躍にも期待している。

 

で、大泉洋さん演じる近藤正己氏が言う所の、つまり、思い出す、という感情に自分自身も陥ってしまった。

青春のふてぶてしさは、私をいつも困らせるし、それはこの歳になった今でも何も変わらない。

 

そんな中、美しい17歳の女子高生に好意を寄せられて、悪い気はしないのは当たり前だ。

近藤店長はよく我慢した。

私の思うところは、それだけだ。

 

●   ●   ●

 

それとは別のところで、カメラワーク、なのかカメラ割りなのか、素敵だと思う場面が多かった。

最初のファミレスの絵面など、非常に好みの場面が多く、映画の美しさとしても楽しませてもらった。

 

音楽も良い、が、少し主張が激しいかもとは感じるが、あれぐらいがちょうど良いのかもしれないとも思う。

PVやMVのような仕上がり、とまでは言わないが、かなり意識しているように感じた。

まあ、小松菜奈さんはそれほどに素晴らしかった。

 

●   ●   ●

 

喜屋武 はるか役の清野菜名さん倉田 みずき役の山本舞香さんもすごくよかった。

光ってた。

 

唯一、残念だったのは男性陣が、今ひとつだったこと。

自然体、というのは本当に難しいのだろうと改めて感じさせる作品だった。

 

大泉洋さんでさえ、この難しい役をギリギリでこなせずにいたように思う。

全然、悪くないが、もっとよくできたはず。

他の方は、フィルムに乗っていないかのように、浮いていた。

 

●   ●   ●

 

満点ではないのは、男性陣のこともあるが、全体的に短い気がしたからである。

もっと深く、この物語について知りたかった。

 

私は、原作も読んでいないし、アニメーションも見ていない。

だからだろうと思う。

 

これから、みようと思うが、この映画単体で見た感じでは、総合的に、非常に良い映画だと思う。

ただ、短すぎるため、もっと深く深く、知りたいという欲求が溢れてしまった。

原作と、アニメーションをみようと思う。

 

コメント