スポンサーリンク

【ネタバレ注意】映画「100円の恋」の感想レビュー

スポンサーリンク

 

★★★★☆

 

いつも、最初に作品のPVを張っているが、この映画に関してはPVすら見ない方が良いのではないかと思う。

 

安藤サクラさんのための映画だった。

私は「愛のむきだし」という映画が大好きなのだが、そこでの安藤サクラさんもすごくよくて。

 

この映画は、100点をつける方と、0点をつける方に大きく分かれるような作品のように思う。

 

「ジョゼと虎と魚たち」という映画があるのだが、それを見た事があって、嫌いではないなら、この映画も大丈夫だと思う。

しかし、そういう、あういう感じの映画があまり得意でないなら、この映画も得意ではないのではないかと感じる。

 

私は、70点。

とある一つの表現方法に嫌悪感があって、それが-30点である。

見た方なら、どこか、わかってくれると思う。

そうあのシーンだ。

 

●   ●   ●

 

70点の満点全ては、安藤サクラさんへである。

実際に、ボクシングをしながら撮影されていったのかは分からないが、ダメな人間が、ダメなりにもがき続ける事に対する表現が、体全体から現れていて、非常に感銘を受けてしまった。

 

ずっと負け続けている人間は、やはり、最終的に負け続けるのかも知れない。

この映画のラスト以降、やっぱり、またループするのかも知れない。

 

ただ、少しだけ接客がうまくなっていたり、という些細な変化は、そんなような自分が気がつかないほどの些細な変化は、後に大きな変化がもたらせる前兆になるのではないだろうか。

いや、やっぱり、ならないかもしれない。

 

でも、それでもまあ、生きていかなきゃならない人生の中で、そんな、自分でも気がつかないほどの些細な変化が、周りの誰かの気持ちを、ほんの少しだけ変化させるかもしれない、という希望を持っても良いのかもしれない。

と、そんな気持ちにさせてくれたり、させてくれなかったりした、そんな映画である。

安藤サクラの体当たり演技が光る!映画『百円の恋』予告編

 

コメント